FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

職員研修の重要性について③

2014.06.29 10:44|介護 福祉
みなさん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

全国的に気候がおかしくなっています。先週は東京でひょうが降ったとか。雷もすごかったらしいですね。
今年は九州北部に関してはやっと通常の梅雨に戻ったような気がします。
でも南部はすごいらしいですよ。
今年の夏はどうなるのでしょうか。いやはや心配が尽きないこの頃です。

さて今回も本題とまいりましょう。

前回は職員研修の重要性について皆さんと一緒に考えてきました、今回もその件に関してトトロの考えも交えて投稿していきたいと思っています。

前回は職員の受講意欲について投稿してきましたがいかがでしたでしょうか。
ちょっと厳しいことも投稿しましたが、これが研修を担当しているトトロの思うことです。

ところで研修はスタッフのスキルアップだけでなく、外部の人に対しても、影響を与える場合もあります。

その中で特に今問題になっている情報開示の件があります。
トトロの働いている事務所には以前、デイサービスセンターにてボランティア活動をしていたスタッフがいます。

ホームページに「ボランティア体験記」のページに活動を通じて感じたことをまとめています。
情報開示に関する記事を以下に抜粋します。
ボランティアとしての体験をつづっておりますが、周りにもボランティアをしたい、
という方がとても増えてきているように感じます。
では、具体的にはどういう手順をふめばいいのか?
案外それだけでも、あいまいな感じがして戸惑ってしまう方も多いようにも感じています。
それで、ボランティアをするにあたって当初感じたことを書きたいと思います。

まず、ボランティアをするには

●情報を流している公的な団体に、問い合わせるか、行政機関に問い合わせる
●そういうところで面談をして、話をすすめる。

このような流れを皆さん、少なかれ踏んでいくのですが、問題だと感じるのは
ボランティア活動、の具体的な情報開示が少ない
ということです。

これは都道府県で大きく違うと思われます。例として、福岡市を取り上げたいと思います。

福岡市もネットや行政機関で相談やマッチングを行っています。
ボランティアとして登録すると、ボランティアの「募集」情報が送られてくるようになっており、
してみたい、と思ったら問い合わせる。このようになっているのですがしかし、その「ボランティア募集情報」は
いたって「簡略」です。
例えば、「障害者の皆さんと清掃の仕事を手伝ってほしい」この一行だけです。

では、清掃って、どういう清掃なのか、施設を綺麗にすることなのか?
トイレ掃除もあるのか?
それとも大勢でゴミ拾いをする手伝いのことなのか?(精神科の方ではよくあるのです)

こういうことはまず情報としてはじめに受け取れないのです。
なので、面談や施設に行って知らされることがほとんどです。

トイレ掃除、大勢でのゴミ拾い・・なかには負担に感じる方もいらっしゃるでしょう。
だから、掃除、とだけ、開示しておくのかもしれません。

それから、施設の特徴など、通う『利用者さん』の病気について(老人保健施設も含む)正しい知識をどれだけ「事前講習」としてもらえるのか?が大切ですし、なければ聞いておく方がよいと思います。
ただ、知らなければならない最低限の知識の開示は伝えたとしてもどうやらどこでも「簡単」なようです。

では、ここでは簡単に開示してもらったとして、ボランティアが次に直面することについて取り上げてみましょう。

絵手紙のボランティアを施設ですることになったとします。対象は元気なお年寄りで、できる方のみ、という打ち合わせ。

どこも施設は認知症の方がほとんどで、軽度の方は正常の方と見分けがつかないので「げんきなお年寄り」と福祉施設では認識されています。

では、どういうリスクがあるのでしょう?
たとえば、お年寄りが、絵の具をつい、手についたからと、思わずなめてしまった。
(今の絵の具は「安全」だと思いますが)、それで気分が悪くなった!とお年寄りが気分を損ね、
怒り出したら?
これはありえない話ではありません。皆さんならどうされるでしょうか?
アンサーのバトンは皆さんにあずけます。

このトラブルに対して、施設側が双方にどういう対応をするのか、でも変わってくるでしょう。
以上、日常で起こり得ることについて、このようにざっと書いてきましたが、

施設側の対応によっては、ボランティアをやめる人もでてくると思うのです。

いずれにせよ、
 「情報の開示」と「知っておくべき事柄を伝えておくこと」
 「事前に知っておくこと」

当たり前のことですが、とっても大事だと思います。

今回は行政の対応のまずさを記載していますが、このことは、事業所内部にも言えることではないかと思います。

後でスタッフに聞きましたが、事前にボランティアに対する打ち合わせはなかったといいます。
また、具体的なボランティアの活動内容も開示がなかったといいます。
そして、活動していくうえで事業所に対する不信感が増していったといいます。

情報開示がないことは最悪の場合、介護事故につながり最悪の場合、裁判に持ち込まれる危険性を十分にはらんでいるのです。

情報開示の重要性に関してのセミナーを受講することにより職員に重要性を認識させていれば、ボランティア活動する人にも安心していただけると思います。


いかがでしたでしょうか。セミナー受講の重要性は、スタッフ本人だけでなく外部の人に対しても大きな影響を与えることがお分かりだと思います。


トトロの仕事部屋では介護スキルアップに役立つセミナーを開催しています。
良ければ寄ってみてください。

パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら

【トトロの仕事部屋】
パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら
スポンサーサイト
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。