スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院と経済的支援制度

2016.04.03 11:41|介護 福祉
皆さん、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

今ふくおかは、桜が満開です!皆さんはもう行かれましたか。

昨日、トトロ一家は福岡で有名な舞鶴公園という福子加権のオアシスに言ってきました。
まさに満開で屋台が出てましたよ。
あまりにもきれいなので写真に収めましたのでご覧ください。

CIMG1557.jpg


CIMG1554.jpg


CIMG1551.jpg

さて今回は入院をするうえで問題となる経済的支援制度についてトトロが思ったことを投稿していきたいと思います。
入院で問題になるのは、毎月の入院費用とそれに付随してかかる諸費用です。

今、国保、健保ともに入院費用は3沙里です。しかしこれだけでもかなりの負担になるのではないでしょうか。

支度所で限度額認定証と言って医療費が月に10万を超えた場合、世帯の収入に応じて限度額の上限を超えないという制度があるのです。みなさんご存知でしょうか。

実はトトロの親戚が、経済的なことをトトロに相談してきて、この制度のことを紹介しました。すると知らなかったとかそういう制度があると助かるといっていたのを覚えています。(実際にトトロが市役所に行って調べました)

また、障害年金というのをご存知でしょうか。
これは、糖尿病などにかかった場合は、申請すれば月に決まった額だけ支給されるという制度のものです。
この制度は国保の場合は障害基礎年金 厚生年金、共済年金の場合は障害基礎年金に加えて障害年金が支給されます。

この障害年金の制度ですが、初診日の主治医の診断証明書と納付状況によって支給されるかどうかが決定されます。
もちろん現在の病状も

トトロもこの制度は知らなくて家族会(精神病患者を支える家族の会合)で初めて知ったのです。

実はトトロは2年前、妹がある病気にかかり、長期入院を余儀なくされました。
限度額適用を受けていたのですが、それでも経済的に苦しいと思ったとき、何とかならないかというjことを家族会で話したらこの制度をアドバイスされたのです。

「入院費と外出にかかる費用の足しにしたほうがいいですよ。一人で対応しているんだから、また誰でも居s休される権利があるんだから、こういう制度を利用しないのはもったいないですよ」

こういわれて申請したのをォ覚えています。

今となっては、よい記憶として残っていますが、今介護されている方の中に病院の入退院を繰り返している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そういう時に支給要件があるのならこういう制度を利用しないのはもったいないことです。

またなかには障害年金を受けていることが分かると差別につながると言われる方も中にはいらっしゃるかもしれません。
しかし、今は10,20年前と比べ、ずいぶん障害に対する理解が進んできたと思います。

明らかに障害者年金を受けているからと言って差別を受けることはないのではないでしょうか。
障害年金が高齢になればだれでも受けられる老齢年金と同じものだと思っていただければ幸いです。

トトロの仕事部屋では介護スキルアップに役立つセミナーを開催しています。
良ければ寄ってみてください。

パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら


【トトロの仕事部屋】
パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら
スポンサーサイト
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。