スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症の方とのコミュニケーション⑫

2016.01.23 14:15|介護 福祉
皆さん、こんにちは。寒い日が続いていますね。

福岡は今日寒いのですが、明日はなんと最高が1度!!
今日の夜から最強の寒波襲来です!トトロもあすはコタツの中で丸くなって冬眠です(笑)

あすは雪で交通機関が大幅に乱れると思います。特に東北、北海道の方は暴風で大変だと思います。
今から十分な備えをお願いします。

さて今回も本題に参りましょう。
今まで認知症の方とのコミュニケーションということで投稿してきましたがいかがでしたでしょうか。

少しはお役にたてたら幸いです。

さて今回はそのまとめとして、認知症の方が目にするシンボルについてちょっと触れてみたいと思います。

シンボルってなんだかわかりますか?
簡単に言うと物を使うことで、しゃべれない代わりにこうしてほしい、ああしてほしいという訴えを表すものです。

例を示しましょう。
【財布・バッグ】       財布・バッグが盗まれた⇒主体性、女らしさを認めてほしい、
【 宝石・洋服】       宝石・洋服を触っている。盗まれた⇒自己の価値、自主性を認めてほしい
【手・指、人形】       手 、指を繰り返し常にしゃぶっている。 または人形を触っている、手放さない
                ⇒ 子供、赤ちゃんの育児若いころ、十分な育児ができなかった、、それを満たすためにしている。
【布】             布を繰り返し触っている⇒子供服を作ってやれなかったので、せめて1着だけで作ってあげたい

このようにシンボルがその人の心情を表しているということがあります。
前回の投稿で認知症の人にも人間としての基本的欲求があると書きましたが、まさにこのシンボルはその欲求を示す手段でもあるのです。

いかがでしたでしょうか。もちろんこれだけではありません。例外はたくさんあります。またすべての認知症がこの原則に基づくわけではありません。その点をご了承ください。

では、介護者として私たちはどういう支援をしていけばよいのでしょうか。
それに関しては次回に譲りたいと思います。

トトロの仕事部屋では介護スキルアップに役立つセミナーを開催しています。
良ければ寄ってみてください。

パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら


【トトロの仕事部屋】
パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら
スポンサーサイト
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。