FC2ブログ

高齢者の事故について①

2015.08.09 10:30|介護 福祉
民さん、おはようございます。いかがお過ごしでしょうか。

暑いですねェ~福岡でも日中の気温が35度!!全国的にも暑い日が続いています。

トトロ一家は7月初旬に引っ越しましたが、まだまだ荷ほどきしていない分があります。早くかたずけないとと思っているのですが、こう暑いとなかなかできないものです。熱中症になってしまいますからねェ~いやはや困ったものだ。

福岡市内では今年は去年を上回るペースで救急車の要請があるそうです。おそらく熱中症でダウンする人が増えているからでしょう。
皆様も熱中症には十分ご注意ください。

さて今回からは高齢者の事故について皆さん一緒に考えていきたいと思います。

高齢者の事故と言うとみなさん、どういうことが思い浮かべれるでしょうか。

これは、トトロが専門職向けにセミナーを開いた際に用いらレジュメから引用したものです。

不虜の事故総数(全体を100とする) 交通事故 11.5
転倒・転落  10.6 5.9
スリップ,つまづき及びよろめきによる同一平面上での転倒 5.8 15.7
階段及びステップからの転落及びその上での転倒 1.5 1.3
不慮の溺死及び溺水 15.5 13.9
浴槽内での及び浴槽への転落による溺死及び溺水 11.1 10.8
自然の水域内での及び自然の水域への転落による溺死及び溺水 1.9 0.7
その他の不慮の窒息 14.1 26.4
胃内容物の誤えん 7.4 12.5
気道閉塞を生じた食物の誤えん 1.2 2


割合を65歳以上と80歳以上に分けて割合を掲載しています。

これをまとめると以下のようになります。

 1位・・・・入浴中
 2位・・・・転倒・骨折
       第3位・・・車いすなどの福祉用具

これを見る限り一番多いのは入浴中だということが分かります。
冬、脱衣所とお風呂の温度が違い過ぎるといわゆるヒートショックで、心臓発作などでおぼれて死ぬケースが非常に多いのです。

上の当統計資料にはありませんが、今の時期は、熱中症が多いのが特徴です。
高齢者の方の皮膚感覚は、私たちと違い、機能が低下しています。したがって35度でもクーラーなどかけなくて熱中症で救急搬送される高齢者が非常に多いのです。

特に今年は、天候が今までの年と比べても非常に不順です。ただでさえ、体の調節機能が低下している高齢者の方々は、この夏を乗り越えられないという恐れも十分考えられるのです。

ですので介護されている方々は、介護者に今一番気を付けることは熱中症にならないようにすることです。
熱中症で最悪死ぬケースが今年は多いのでではないでしょうか。

現に、8月に企画したトトロのセミナーの参加者は、極端に少ないです。毎年人気の内容のはずなのに・・・・
これは施設に入所している利用者が今年の異常な暑さで体力的に持たず、利用者全員のケアに必死だという証拠でもああるような気がします。
セミナーどころではないというのが本音ではないでしょうか。


施設にお勤めの方のみならず、ご家庭で介護されているみなさん、本当に今は大変な時ですが、9月中旬に入ったら少しは気候が落ち着くのではないでしょうか、それまでもう少しの辛抱です。まずご自分の体調管理をしっかりされて何とか乗り切っていただきたいものです。トトロも影ながら応援しています。
次回も今回の件に関して投稿していきたいと思います。

トトロの仕事部屋では介護スキルアップに役立つセミナーを開催しています。
良ければ寄ってみてください。

パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら


【トトロの仕事部屋】
パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら



スポンサーサイト
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ