FC2ブログ

ケアマネージャーについてその①

2012.08.12 18:10|介護 福祉
今日はお盆で帰省中の方も多いのではないでしょうか。九州北部は不安定なお天気です(汗
明日はお墓参りに行くので、お盆は天気が安定すればいいなと思っています。

さて、お題ですが、今日から4回に分けて、これから介護サービスを受けようと思われている方や、介護の予備知識が必要と思われている方向けに「ケアマネージャー」について、お届けします。

さっそくトトロ氏に解説していただきましょう!

こんにちは!トトロです。
今回からしばらくケアマネージャーについて解説していくことにします。

今回はケアマネージャーとはいったい何者?!から入っていきたいと思います。

ケアマネージャ- この言葉を知らない人は知らない人が多いのではないでしょうか?

一言でいうと福祉サービスを提供する施設(事業所)、市町村役場、サービスを利用する人(以下利用者と言わせてもらいます)の橋渡しをするコーディネーターの福祉版です。

または福祉版の営業マンとも言えるでしょう。

皆さんがサービスを気持ちよくサービスを受けるため市区町村、福祉施設(事業所)とで調整を行っている人なのです。営業マンて外回りが多いでしょう?

実はケアマネージャーも外回りが非常に多いんです。

こんなことを言ってもピンとこない人も多いのではないでしょうか

具体的にケアマネージャーの仕事内容を紹介しましょう。

ケアマネージャーは皆さんが介護サービスを利用するときから必ずお世話になるのです。(避けて通れません)

以前お話しした通り、介護サービスを利用するためには市町村に申請を出さなければなりません。

そのあと、認定調査と言って申請者から聞き取り調査(モニタリング)を行います。

法律上は市町村の職員がやらなければならないこととなっていますが、実際は、ケアマネージャーに委託されていることが多いようです。

その他、実際サービスを行う事業所に計画を立てることも行います。この計画書はケアプランといいます。
この時も利用者からの聞き取りが必要になってきます。

また、他にはこのようなこともします。

 ・サービスを提供するための調整
 ・ケアプランの見直し(モニタリング)
 ・サービス事業所の紹介
 ・サービスの見直しが生じた場合の会議(サービス担当者会議)の出席
 ・サービスの紹介
 ・事業収入にかかわる経理(給付管理業務)

ざっと大方なものを上げてみましたが、このようなことをケアマネージャーの方はやっているのです。

いわゆる福祉サービスの「要」と言えるのがケアマネージャーなのです。

逆に言うと、皆さんが福祉サービスを利用するとき、一番お世話になるのはこのケアマネージャなのです。
どれだけよいサービスを受けられるかはこのケアマネージャにかかっているといっても過言ではありません。

今回は、ケアマネージャーとは何者なのかについてお話ししました。

次回は、ケアマネージャ-の仕事内容および実際の現場の実態についてお話ししましょう。

次回に続きます。











スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ