福祉サービス利用者との信頼関係②

2014.09.28 10:38|介護 福祉
皆さん、こんにちは。

最近朝晩めっきり、涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
昨日は妻と2人で久しぶりにショッピングモールに繰り出しました。するとな、な、なんとくまモンが・・・
ステージで踊っていたのです!!ラッキ~
思わず携帯に動画を撮ってきました。
本当は握手したかったんですけどね(笑)

さて今回も本題とまいりましょう。
前回は、介護サービス利用者との信頼関係について皆さんと一緒に考えてきました。

今回もそのことに関して、解説していきたいと思います。

前回の後半で信頼関係を構築するにはねぎらいの言葉が大切だと書きました。
ねぎらいの言葉とは・・・・

・よくここまで頑張ってこられましたね。
・言葉に出しては言えませんが、きっと娘さんに感謝しておられますよ。
・これからはおひとりで何事も背負うことはないんですよ。われわれにできることはどんどん任せてください・・・

など、相手を想う言葉なのです。

介護サービス(訪問介護、デイサービス・・・・・・)を利用する人たちまたは家族は何も好き好んでサービスを利用しようとしているのではないのです。できれば、よそ様に頼りたくない、ましてぜんぜんの教育で他人様に迷惑をかけてはいけないと叩き込まれてきた人たちなのです。

そのようなことを考えると、介護サービスを利用するということを決意した裏にはもう、これ以上自分たちで介護をしていたら、精神的に参って、一家心中も考えてしまう。高齢者虐待をしてしみそうだ・・・と精神的に限界を超えてしまっていることがほとんどのなのです。

そのことをご理解していただいたうえで、信頼関係を構築するには何が大切かと言うことがおのずから出てくるはずです。

ねぎらいの言葉・・・・このちょっとした言葉が信頼関係を構築する最強の魔法だとトトロは思います。
この言葉が出てくるか、出てこないかによって、今後のサービス提供の質が決まるといっても過言ではありません。


もちろん、信頼関係を得るにはねぎらいの言葉をかけることだけではありません。谷方法はあります。
しかし、一番最初にわれわれ介護すタフfがしなければいけないことは、この事ではないでしょうか。

このことはコミュニケーションの技術につながってくるのです。

皆さんはどのようにお考えでしょうか。




トトロの仕事部屋では介護スキルアップに役立つセミナーを開催しています。
良ければ寄ってみてください。

パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら

【トトロの仕事部屋】
パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら
スポンサーサイト
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ