スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎グループホーム火災について②

2013.03.31 11:53|特集
皆さん、こんにちは

今年は桜が咲く時期が早いですね。皆さんの地域ではいかがでしょうか。

福岡では先週末から満開を迎えました。
今日が最後の見納めだとか。

すっかり春が来たような気分ですね。


それでは今回もトトロ氏にお話し願いましょう。



皆さん、こんにちは

明日からもう4月、新生活の始まりです。
昨日、散歩しているとたくさんの引っ越し業者のトラックが止まっていました。

すっかり冬が過ぎて春が来たといった感じです。



それでは今回も前回にひきつづき、長崎グループホーム火災のお話を進めていきましょう。


早速ですが、先週以下の記事が発表されました。


全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)は、3月5日、2012年の介護報酬改定後の事業所の実態を把握するため、昨年8月から10月にかけて行った事業所アンケート調査の結果を発表した。

同調査では、改定による事業所の収益の増減や、処遇改善加算の算定状況、訪問介護(生活援助)見直しの影響や対応、介護職の医療行為の実施状況、今回の改定に対する評価や意見などについて事業所に質問。
その結果、アンケートに回答した983事業所の3 割強が改定によって収益が減少していることなどがわかった。
また、今回の改定を「あまり評価しない」「評価しない」と回答した事業所は約7割にのぼった。

【調査の概要】
■調査対象:27都府県983事業所。
サービスの種類は、訪問介護526、デイサービス485、居宅介護支援405、短期入所83、訪問看護71など。
事業所規模は、5~10人が33.7%、5人未満が25.4%、11~25人が23.7%の順で多く、100人以上は2.8%だった。

■調査方法:所定のアンケート用紙を配布・郵送し、回収

■調査期間:2012年8月~10月

おもな調査の内容は以下のとおり。

■約3割の事業所が「改定後の収益が減少」と回答
改定後の収益状況について訊ねたところ、31.3%が収益が「減った」(2012年6 月と前年同月との比較)と回答した。「増えた」と回答したのは24.7%だった。
事業所規模別の収益減少率で見ると、規模を問わず多かったのが10%~20%の減少だった。そのなかで、20%以上減少したと回答した事業所は、5人未満の事業所では34.4%、5~10人では22.3%で、小規模の事業所ほど減少幅が大きく、厳しい状況にあることがうかがえた。

一方、地域区分の見直しにともなう介護報酬単価の変化では、 ほぼ半数(50.3%)が「上がった」と回答している。

介護職員処遇改善加算の算定については、7 割以上(77.1%)が「算定した」と回答しており、「算定しない」「検討中」は合わせて 22.9%だった。「算定しない」「検討中」の理由(複数回答)で多かったのは、「対象となる事業がない」50.5%。「他職種とのバランスや今後の見通しを考慮」20.7%、「利用料の引き上げにつながるから」19.7%だった。

■生活援助見直しで、7割強の事業所が「支障がある」と回答
訪問介護における生活援助見直しへの対応について訊ねたところ(複数回答)、「訪問回数を増やした」が131件、「60分を45分にした」271件、「変更していない」198件 、「その他」155件だった。
「その他」では、「90分程度を60分程度に短縮した」という回答が多く、「60分を超えていた提供時間を、60分~ 45分の間で対応した」「これまで60分程度だったサービスの場合は変更せず」などの回答も見られた。

「生活援助見直しにともなう支障の有無」については、72.1%が「ある」と回答。さらに生活援助の見直しについて、支障が生じている家事について訊ねたところ(複数回答)、「買い物」68.5%、「調理」59.0%、「洗濯」32.1% 、「掃除」49.1%、「その他」5.9%だった。「その他」の内容として、「コミュニケーションをはかる時間が減った」などの回答が見られた。

■半数近くが「訪問介護の収益が減少」と回答
事業所(訪問介護)の収益についての質問では、 回答事業所の46.4%が、改定後「収益が減った」と回答しており、「増えた」は6.4%、「どちらともいえない」は47.2%だった。 事業所全体で「減った」との回答は31.3%で、今回の改定が、訪問介護事業において経営上より厳しい影響をもたらしていることがうかがえる。

ヘルパーの給与については、支援時間の短縮などにともない、「減った」と回答したのが33.1%、「増えた」8.8%、「どちらともいえない」58.1%だった。



この記事を示したのは皆さんに現在の介護現場の現状を少しでも知ってもらうために掲載させていただきました。(介護現場の現状に関しては後日詳しく解説していきます)


このように現在の福祉現場の現状は、”とにかく金がない”んです!
去年4月の介護保険改正でどのサービス(訪問介護、通所介護・・・)でも事業所収入は減少しています。



介護予防通所介護というサービスがあります。

これを例にとると

改正前は利用者一人につきサービス料金(事業者収入)は役25000円(利用者負担は2500円)
改正後はというと事業者収入は役21000円(利用者負担は2100円)

つまり利用者一人につき4000円の減収になってしまうのです。

1事業所に30人の利用者がいるとすると12万もの減収になってしまうのです。


さてこの事業省収入の減少がなぜ今回のグループホーム火災と関係があるのか

それは、今回の事件でスクリンプラーの設置が問題になりましたが、事業所にはスクリンプラーを購入する余裕が経済的にないのです!!

大規模な事業所ならいざ知らず、小規模の事業所は人件費、サービス提供で不可欠な設備購入のほうが最優先になってしまい、まさかウチでは起きないだろうと、スクリンプラーの設置のことまでは考えていないのです。

今回の事件を受けて厚労省は全国のグループホームに緊急調査を指示しているみたいですが、火災の危険性をはらんでいるのは何もグループホームだけではないはずです!!


またスクリンプラー導入には、施設全体に設置しなければならず、購入・設置となると何百万とかかるといわれています

購入、設置には補助金が出ますが、何十万しか出ません。


事業所は差額の金額(おそらく百万単位)を負担しなければならず、とてもではないが、設置には踏み込めないのが実情です。

おそらく、厚労省は介護保険報酬(事業者収入)導入に際して、サービスの質向上ばかりに気を取られ、利用者の安全に対しておろそかにしていたのではないでしょうか。
サービスの質を向上することも大切でしょうがその前に大前提となる安全が確保されてからサービス提供を考えるべきだと思います。

皆さんは今回の事件についてどう思われたでしょうか。


トトロの仕事部屋はこちら
スポンサーサイト

長崎グループホーム火災について①

2013.03.24 10:29|特集
皆さん、おはようございます。


このところずいぶん暖かくなってきましたね。
福岡では、昨日から桜が満開を迎えました。例年より1~2週間早いみたいです。

昨日は土曜日だったこともあり、福岡市内の名所はたくさんの花見客でにぎわったとか。
でも福岡ではPM2.5が基準値を超える日が多くなり、花見どころではないような気がするのですが・・・

それでは今回もトトロ氏に解説願いましょう。




皆さん、おはようございます。


皆さんの地域では桜はもう満開になりましたか。
福岡では、舞鶴公園という桜の名所が昨日は花見客でにぎわったということです。

でも、これだけ暖かくなるのが早いと今年の夏も猛暑になるのではと、不安になるのはトトロだけでしょうか?


それでは今回も早速本題に入りましょう。


今回は長崎のグループホーム火災についてスクリンプラー設置問題を介護現場の現状と関連づけて考えていきましょう。


以下は産経新聞のニュースからの引用です。


【長崎グループホーム火災】
男女12人搬送 3人死亡
2013.2.9 01:46 [火災・放火・爆発]

 8日午後7時40分ごろ、長崎市東山手町のグループホーム「ベルハウス東山手」で火災があった。長崎県警大浦署によると、入所者ら男女12人が搬送され、うち女性3人の死亡を確認、他に1人が心肺停止とみられる。搬送されたのは56~101歳という。

 長崎市福祉総務課によると、市が平成18年、介護保険法に基づき認知症グループホームに指定、定員は9人。施設にスプリンクラーはなかった。この施設の規模では設置義務はないが、市は対応を求めていた。

 総務省消防庁は原因を調査するため、9日に職員ら計7人を施設に派遣する。

 消防庁や県警によると、出火当時、施設には入所者と管理人、職員がいた。施設は鉄筋コンクリート4階建てで延べ床面積約530平方メートル。1、2階がグループホームだった。火災では1階部分約50平方メートルが焼け、約2時間後に鎮火。入所者が暮らす2部屋が激しく燃えていた。

 現場はJR長崎駅南約2キロで、観光名所「グラバー園」やオランダ坂の近く。



今年の2月初めに長崎のグループホームで火災が起こり、スクリンプラーの設置が問題になりましたが、皆さんも記憶に新しいのではないかと思われます。


この記事を読んだとき、トトロはとうとうこういうことが起こってしまったか。起きてしまうのも当たり前か・・・と思いました。



防災対策について国はスクリンプラーの設置について次のように規定しています。


・ スプリンクラー設備の設置
①延べ面積275平方メートル以上の施設が、スプリンクラー設備の設置を義務付けるものとする。

②但し一定の防火区画を有するもの、または延べ面積1,000平方メートル未満の施設に設置するスプリンクラー設備については、設置が望ましい。



この規定を見る限り、延べ面積275平方メートル以下の施設は設置しなくてもよいということになります。


しかし、スクリンプラーの設置は、施設の面積に関わらず、全ての施設において(延べ面積の大小問わず)設置を義務付けるべきではないでしょうか。

今回のスクリンプラーの設置問題については、グループホームのみではなくその他の施設(有料老人ホーム、小規模多機能ホーム・・・・)などにも同様のことが言えると思います。


トトロは、今まで16年間の間に施設関連では有料老人ホーム、介護付き高齢者住宅(施設)に勤めていましたが、スクリンプラーはおろか、避難時の誘導経路も十分ではなかったような記憶があります。


トトロが、先ほど今回の事件について、起こるべきものが起こったと述べましたが、それは現在の介護現場の現状を考えると容易に予想できると思います。

次回は、その現状をお話ししていき、今回の事件とどういう関連があるのかについてお話を進めていきましょう。




トトロの仕事部屋はこちら



ブラック企業について⑤

2013.03.17 08:12|なるほど豆知識
みなさん、おはようございます。


2週間ぶりの投稿ですね。ご無沙汰しています。

今、花粉が最盛期を迎えています。
花粉症の人は大変だと思いますがもう少しの辛抱です。

このところの暖かい気候で福岡ではもう桜の開花宣言が出ました。
今年は23日頃になるとか。例年より1週間以上も早いです。

PM2.5の飛散がその頃少なければ花見に行けるのですが・・・・


それでは今回もトトロ氏にお話ししてもらいましょう。




みなさん、おはようございます。

急に暖かくなってきました。東京では最低・最高の気温差が15度近くもあるとか。
気温変化に体がついていけない人もいらっしゃると思います。
体調管理には十分注意してくださいね。



それでは今回もブラック企業について皆さんと一緒に考えていきましょう。

今迄4回に分けてブラック企業を見分けるポイントを考えてきましたが、どうでしょうか、少しは参考になったでしょうか。

もう一度ブラック企業を見分けるポイントをまとめておきましょう。

●面接時間

●面接場所

●面接時に事前準備ができているか

●面接開始時に面接担当者が名刺を渡してくれているか

●面接時、自分の担当する職務内容をチキンと説明してくれるか

●面接担当者が応募者と話すとき、きちんと応募者の目を見て笑顔で話しているかどうか。

●面接の終了まじかのお決まりの質問「何か質問はありませんか」と言ってきた時の応募者の質問項目について

   ①既存の施設、事業所応募の場合
   「HPで基本理念は○○とありますが、そのことに関してどういう方針でこの介護事業をされているのかもう      少し詳しくお話しいただけないでしょうか」
    「また利用者にこの施設でどのようにお過ごしていただきたいとお考えなのでしょうか」

   ②新規に立ち上げたばかりの事業所、施設
    「今まで○○という業種でしたが今回なぜ、この福祉事業に参入しようとされたのですか」

●福祉施設の場合、施設見学での利用者の様子、スタッフの業務ぶり


これらのチェック項目で大体ブラック企業か、そうではないかが見分けることができると思います。



ところで、今の就職事情は、世の中が不景気であることも相まって企業側が人材を選ぶことに慎重になっているせいか、書類選考にさえ通らない、中には50社書類を送っても、1社も選考に通らないといわれています。

しかし福祉の世界では、他業種と違い、応募者が少ないせいか、そういったことはあまりないのではないでしょうか。
それでも、書類に通らない、面接さえも読んでもらえないとなると次第に落ち込む方も多いのでしょう。


書類選考に通らないといったケースの場合、次のケースが考えられます。


ケース1
新規事業所なので本来の業務以外のことをしてもらうため、応募者の性格からして向いてないのではないか
(一番多いのは、利用者を集めないといけないため、営業回りをすること)


ケース2
給料、交通費、勤務時間など物質的なことを勘定に入れると、ちょっと無理なのではないか


ケース3
この人がウチ(自事業所、施設)に入ったら、周りの人(利用者、スタッフ)と調和を保てないのではないか


ケース4 
この人(応募者)は、自分(面接担当者)から見て、福祉に関して詳しい、だから周りから見ると自分(面接担当者)が劣って見えてしまうのではないか。
立場上、この人(応募者)の上司になるのに・・・・
もしこの人(応募者)がウチ(自事業所・施設)に入ったら自分(面接担当者)は面目丸潰だ!
ええい、落としてしまえ!!


ケース5 
この人(応募者)とはなんか相性が良くないなァ~この人と仕事するのは嫌だ!!



上記のケースの場合、ケース4と5は論外です。こういった事業所(施設)では将来必ず事業が傾く、もしくは事業全体が閉鎖に追い込まれるといっても過言ではありません。(ちなみにこのケースはブラック企業がやることです。)

いかがですか。びっくりされる方も多いと思います。
書類選考、面接で落とされる・・・それはほとんどの場合ケース1~3だと思ってください。

なので、書類選考で落とされる、採用通知がもらえないというのは、多くの場合、たまたま応募先事業所との勤務条件が合わなかっただけなのです。
決して応募者の人格が否定されていないのでその点を取り間違えないようにしていただきたいと思います。

もちろん応募書類の内容があまりにも薄い、何を書いているかわからないといったケースから書類選考、面接がもらいえないことはあります。

何回か応募を重ねていくうちに、何が原因なのかがわかってくると思います。
選考に通らない場合、上記に記載したケースに当てはまらないか、冷静に考えてみて頂きたいと思います。




いかがでしたでしょうか。
5回に分けてブラック企業の見分け方についてご紹介してきましたが少しは参考になったでしょうか。



福祉の業界に就職を希望するとき、一番大切なのは他人を敬う心(ハート)があるかどうかです。

これからこれまで以上に人材重視の傾向が高まってくることは必至です。
この傾向は福祉産業も例外ではありません。


しかし、他人を敬う心がある人必ずと言ってよいほど良い事業所(施設)に就職を果たしています。

トトロも有料老人ホーム、ケアプランセンター・・・たくさんの事業所をに面接に行きましたが、応募書類の書き方に関してセミナーを受け何回も修正を繰り返し、相手に好印象を与えることも考えました。また就職活動メモを作成し、今までの活動履歴・気付いたことを書き込みこれからの就職活動に役立てる工夫を繰り返しました。
すると、大体5~6社で内定をいただいたような感じがします。


ですので、これから就職を希望される方は、例え思うように就職活動が進まなくても自信を持って応募に臨んでください。



次回は特集として1か月前にニュースになった長崎グループホームの火災事故とスプリンクラー設置問題を今の介護現場の現状と結びつけて考えていきたいと思います。



トトロの仕事部屋はこちら

ブラック企業について④

2013.03.03 14:42|なるほど豆知識
皆さん、こんにちは


3月になりずいぶん暖かくなってきましたね。
福岡では、最高気温が日中でも10度を下回らなくなりました。
次第に春に近づいているのがわかります。

しかし、これから花粉の飛散が盛んになります。これがPM2.5と結びつくと化学反応を起こして体に有害な物質に変化するそうです。花粉症など例年より症状が激化することも予想されているのでくれぐれもご注意くださいね

それでは今回もトトロ氏にお話し願いましょう。





こんにちは、トトロです。


ここ福岡ではずいぶん暖かくなってきてはいますが、東北、上越、北海道地方では豪雪になったそうです。

今年の特徴は例年と違い、日中でも気温が低く、降った雪が解けにくい上にまた雪が積もるものだから路面がアイススケート状態になっているということです。
この地域にお住いの皆さん、車のスリップ、転倒には十分ご注意ください。



それでは今回もお話を進めていきましょう。

前回は、ブラック企業を見極めるチェックポイントを述べてきました。

今回も続き、チェックポイントについてあげてみたいと思います。


●面接時、自分の担当する職務内容をチキンと説明してくれるか

これは当たり前と言えば当たり前のことです。施設(事業所)にとっては、仕事内容からミスマッチですぐやめられてしまっては、大きな損失につながります。したがって、常識がある施設(事業所)ならこういう説明をするでしょう。


●面接担当者が応募者と話すとき、きちんと応募者の目を見て笑顔で話しているかどうか。

これは非常に重要です。

皆さん、傾聴 という言葉をご存知かと思います。「相手の身になって話を聴く」ということです。

傾聴は高齢者福祉に携わる者にとって必要不可欠な姿勢と言えます。逆に言うとこの姿勢が身についていない者は福祉事業をする資格がない!とトトロは思っています。

面接担当者が相手の目を見て笑顔で話すこと・・・まさに傾聴が身についているかがこれでチェックできます。

これができていなければ利用者に不快感をを与えている、利用者が生き生きと生活していないことが容易に想像できるからです。



●面接の終了まじかになると必ずと言ってよいほど「何か質問はありませんか」と言ってきます。
その時、こういう質問にチキンと回答してくれるかをチェックしてください。


①既存の施設、事業所応募の場合

「HPで基本理念は○○とありますが、そのことに関してどういう方針でこの介護事業をされているのかもう少し詳しくお話しいただけないでしょうか」
「また利用者にこの施設でどのようにお過ごしていただきたいとお考えなのでしょうか」

②新規に立ち上げたばかりの事業所、施設

「今まで○○という業種でしたが今回なぜ、この福祉事業に参入しようとされたのですか」

この質問は、面接の場に慣れていないとかなり、勇気がいる質問だとは思いますが、ぜひこういう質問をしてみてください。
この質問を投げかけることでまともな考えで利用者のことを考えているか、それとも利用者をただの金づるとしか思っていないのかがわかってきます。

質問に対して面接担当者の言葉でスラスラスムーズに出てきたらOKです。

逆に、言葉に詰まる、何を言っているのかわからない、セールストークみたいなことしか話さない・・・というのであればその施設、企業は要注意と言えるでしょう。

信じられないかもしれませんがトトロが上記の質問をしたら「そんなの、わかっているでしょっ!利用者本位ですよ!ばっかじゃないの!」と逆キレされたことがあります。そういう施設は論外です!

●福祉施設の場合、施設見学ができます。

その際は利用者が生き生きと過ごしているか
スタッフがあわただしく、業務に追われていないか。

についてチェックしてください。

これらのチェックは、スタッフの働きやすいかどうかのチェックにつながります。


いかがでしたでしょうか。

参考になりましたでしょうか・・。

トトロは社会福祉士という国家資格を持っています。

ですので生活相談員として就職活動を進めていましたが、就職活動当時はブラック企業の見分け方なんて知らないものだから、入った途端、夜勤、介護業務をしっかりさせられていました。

詳しくはこちらを参考にしてください。⇒社会福祉士を目指す方へ

今現在、日本の介護現場では社会福祉士より、介護福祉士のほうが重宝されています。
理由は簡単、慢性的な介護職不足に陥っているからです。
社会福祉士として活動を目指されている方は、この点にも注意していただきたいと思います。

次回もブラック企業についての見分け方について皆さんで考えていきたいと思います。



トトロの仕事部屋はこちら
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。