FC2ブログ

結婚

2012.10.15 20:41|あすかの小部屋
ひさしぶりの、「あすかの小部屋」のコーナーです!

先日弟が結婚式をあげました。

もう結婚はしないだろうと思っていたので当初、彼女(お嫁さん)を婚約者として紹介したいといわれたときは
びっくりいたしました。

弟は恩師から「岩」と揶揄されるぐらい、フットワークが重いです。
小学生のころからの親友が、昨年結婚したので、たぶんそれが「岩」を動かすチカラになったのだと
思います。聞けば、彼女を知人から紹介され「ひとめぼれ」だったとか。
「電撃婚」には一番遠い性格だったので当初心配もしたのですが、仲良くやっているようで姉としてはほっとしているところです。

独身の頃は誰しも一度は結婚を夢見るのではないでしょうか?

既婚者の私が実感したことで、これから結婚を考える方に結婚について、今回はつづろうと思います。

まず、結婚と恋愛とは別物だということです。

恋愛は一緒にいて楽しければそれでいいものです。
しかし結婚は「生活」です。例をあげてみましょう。

結婚後、相手の食べ物を食べる時のくせが、生理的に嫌で嫌でたまらない、という奥さんがいました。
初めからわかってのことだろうと思って聞いてみたのですが、ずっと一緒にいるうちに気になりだしたと
いうのです。

それから料理。お互いの食生活が違いすぎいつも喧嘩がたえないというカップルもいました。
関西系と関東系で十年たってやっと折り合いがついたそうですが、つきあっていたころはそこまで味覚が違うとはわからなかったそうなのです。
 

また恋愛はよくても、結婚にも向き不向きがあるかと思います。女性に限って言えば

旦那さんが帰ってきて、「何か食べたい」といいだしたとき、冷蔵庫のなかのものをつかって
相手のために一品つくれるか。

それができないなーという人は結婚には不向きだと思ってください。仕事に専念して自由に生きていかれたほうが
よいと思います。

以上、恋愛と結婚がかならずしも一致しないということや向き不向きがお分かりになったか、と思います。


では結婚を考え始めた方。

そろそろ結婚をしたいと思ったら、まず、自分がどれくらい「生活力」があるか、振り返りましょう。

「生活力」とはお金だけではありません。料理、洗濯、掃除、整理整頓、金銭管理、相手のことを最優先に考えられるか、相手から素直に良いところを学ぶきもちがあるか・・・

「生活力」がついたな、と思ったら、そこで初めて結婚にむけて意識を向けてみましょう。
カップルの方は、運命共同体として一緒に毎日生活できるか、自分も含めて相手を結婚向きか、観察することです。

結婚は、相性という側面もあるので、知人の紹介やお見合いもよいかと思います。

ネットでのお見合いを希望する方は、プロフィールをまず書かなければいけないので、「こんなひとがいい」
という相手に望む「具体的」なことを書くことが重要になってきます。

逆に言えば、「こんなひとは嫌、そういう癖のない人」でもいいわけです。お勧めの書き方としては「自分の○○の価値観に共感できる方」
とにかく個性を強く出すことです。

とにかく絶対結婚したい!という強い気持ちが強くなればおのずとそのように現実が流れ始めることは
確かだといえます。

いかがだったでしょうか?

転ばぬ先の杖として参考にしていただければ幸いです。










スポンサーサイト



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ