FC2ブログ

ホームヘルパーについて~その②~

2012.09.16 11:16|介護 福祉
皆さん、こんにちは!いかがお過ごしでしょうか?

昨日空を見上げると、すっかり秋の空になっていました。
でもたまに入道雲がわいていますが・・・・・

台風が近づいています。今回の台風は超大型ということなので皆さんの地域でも十分警戒してください。

それでは今回も前回に引き続き、ホームヘルパーについて、トトロ氏に解説してもらいましょう。


みなさん、こんにちは!トトロです。


それでは前回に引き続き解説していきたいと思います。

今回はホームヘルパーの仕事内容についてです。

前回もお話ししましたが、ホームヘルパーの仕事には大きく分けて4つあります。

①身体介護
②生活援助
③身体介護+生活援助の複合型
④通院等乗降介助

それでは一つ一つ解説していきます

①身体介護

・お風呂に入って身体を洗う入浴介助
・食事を食べるための手助けをする食事介助
・トイレでの排尿、排便の手助けをする排せつ介助 ・・・  の3つに分かれます。

また寝たきりの利用者に、痰(たん)の吸引などの医療行為を行うこと(もちろん、研修あり)が今年度から
身体介護の一つに加わりました。

これらの介助は利用者1人に対してホームヘルパーが1人でサービスを行うことが基本となっています。


②生活援助

身体介護以外の訪問介護で、単身世帯の利用者や家族などが障害、疾病(しっぺい)などの理由によって家事が行うことができないような場合に、調理・洗濯・掃除などの日常生活の援助を行うことを言います。

じつはこの生活援助というのがクセモノで、同じ調理をするにも作るのは利用者用だけ、一緒に家族の分も作ってはだめだと決められています。

また掃除にしても利用者が生活している部屋(生活空間)だけ、洗濯も利用者の分だけと決められています。

これって効率の面からいうと少し矛盾していると思いませんか?


③身体介護+生活援助の複合型

これは例えば以下のようなケースです。

・利用者の食事を作るための材料を買ってくる、利用者の食事を作る(生活援助)
        
       ↓

・利用者をお風呂に入れて身体を洗う(身体介護)


上記①と②を合わせたものを一つの訪問介護サービスとしたものです。

④通院等乗降介助

これは利用者が病院に通院するとき、ホームヘルパーが自ら運転する車両に乗せ、車に乗る時と降りる時に乗降の介助を行うことです。これも訪問介護のサービスとしてカウントされます。


以上ざっと訪問介護のサービス内容についてお話してきましたが、これらのサービスは「時間区分」によって「サービスの単価」が決められています。

このこと自体当たり前なのですが、実はサービスに要する時間が以前に増して短時間化されているのです!
これでは、利用者が、十分なケアやサービスを受けられないようなことにもなりかねません。


今回、介護保険が改正されましたが、それは訪問介護というサービス内容にも反映されています。

その内容をよく見ていくと実際の生活とはかけ離れた矛盾点が見えてきます。

次回は私が思う、サービスにおける矛盾点をお話ししたいと思います。
スポンサーサイト



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ