FC2ブログ

介護保険の概要 その二

2012.06.18 17:15|介護 福祉
九州北部では雨が強まっております。台風も気になりますね。
皆さんの地域はいかがですか?万全の対策をとって備えをしっかりと!想定外、の被害が起きませんように。
それでは前回の続きに入りたいと思います。

トトロ氏
はい、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
前回は介護保険制度の概要についてサービスをお話ししたと思います。

では介護サービスを運営する財源はどうなっているのでしょうか。

40歳以上の方が納めている介護保険料だけではサービス運営は成り立ちません。

おおざっぱに言って国民が払っている介護保険料50%、国からの補助金(つまり公費)が50%なのです。

つまり国の補助金が半分使われているのです。この補助金というのはもちろん皆さんが納めている税金なのです!
皆さんびっくりしたでしょう?

皆さんが納めている介護保険料は公共団体、国(つまりお役人)が介護事業計画という向こう3年間の収支計画(これくらいのサービスが必要になってこれくらいの金額がいるだろうという予想計画)を立ててそれに基づき決められているのですよ。

だから毎月払っている介護保険料は一定じゃないわけです。その年その年で変わってきます。
皆さんもご承知かもしれませんが、今や国の財政はひっ迫しており、そのしわ寄せが保険料にも顕著に表れています。
今後、介護保険料がじわじわ上がってくるのは仕方ないのかもしれませんね。



ところで、介護保険のサービスを利用するにはどのようにすればいいのでしょう

まず、介護保険のサービスを受けるためには介護保険が使えますという証明がないと使えません。
つまり、市町村の介護保険課窓口に申請をしないといけないのです。

65歳以上になると自動的に介護保険サービスを受けられると勘違いされている方が非常に多くいらっしゃいますが
あくまでも申請してはじめてつかえますから、勘違いしないでくださいね。

さて、申請しても必ずしもサービスを利用できるわけではありません。

本人(またはその家族)の申請内容に基づき調査員がご家庭に訪問し、病歴・体の状態などの聞き取りを行い、認定調査が行われます。
それと同時に本人のかかりつけの医師に本人の心身の状態を記載した主治医意見書というのを作成してもらわないといけません。

認定調査及主治医意見書に基づき判定が行われます。

この判定の詳細については次回に譲りたいと思います。




はーい!皆さん今回はここまでです。

たくさん聞きなれない用語などが出てきましたが、大丈夫でしょうか?
わからないところ等があれば、気軽にコメントしてくださいね!

その他、感想等なんでも大歓迎ですのでお気軽にどうぞ!

それではまた次回。


スポンサーサイト



最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ