FC2ブログ

認知利用者と家族について

2018.09.30 14:37|介護 福祉
皆さん、こんにちは。お元気でしょうか。
ずいぶん涼しくなってきましたね。それにしても今年の夏は暑かったァ。高齢者の方にとっては身に染みる夏だったのではないでしょうか。
でも前回の台風はすごかったですね。トトロもテレビで見たのですが、普通に車が吹っ飛ぶなどなんかアメリカのハリケーンを見ている錯覚に陥りました。
今年の気候は本当におかしいです。

さて、今回も本題に参りましょう。
前回は認知症を支える家族の気持ちについてお話ししてきました。
そしてストレスがまっくうを超えていることをお話ししてきました。

前回の投稿で

トトロは現在専門職として働いている方向けに研修を提供していますが、必ずに入業務に入る前に利用者の家族に対してきずかいの言葉をかけてあげてくださいね、それが私たちの仕事の一つなのですよと伝えています。

とお伝えしたいと思います。

利用者の家族にとって、この一言の声掛けが実は最悪の事態を防ぐかもしれないといっても過言ではないのです。
トトロも専門職として利用者の家族と接してきましたが、専門職と家族との温度差と言うのがかなりあるという事を感じました。
例えば・・・

今までよく頑張ってこられましたね。
普通の人にはできませんよ、どうかご自分を責めないでください
お母様は国には言えませんが、きっと心の中ではあなたに感謝していると思います。
これからは一人ではありません。悩み事があれば何でも私たちに相談してくださいね。

一般の人から見れば、なんてことない言葉でしょう
また親族でも利用者にタッチしていない人にも温度差はあるのです。、
しかし、利用者と接している家族はちょっとした言葉にも過敏に反応するのです。それほど過敏になっているのです。

今後は、利用者本人だけではなく、利用者を支える家族のメンタル面でののケアの法整備、それが急がれているのです。
この点については、次回に譲りたいと思います。


トトロの仕事部屋です。もしよかったら遊びに来てくださいね。

トトロの仕事部屋
スポンサーサイト

2018.09.15 16:30|介護 福祉
みなさん、こんには。久しぶりの投稿です。
陽気がやっと少し涼しくなってきましたね。

今年は本当に夏かったですが本当に最近の気候はおかしくなっているといった気がしませんか。
台風に北海道の地震、日本は本当におかしくなっています。
北海道の皆さん、大変ですが、復航まで何とか頑張ってください。トトロも応援しています。

さてでは本題に移りましょう。
前回、前々回とつづけて認知症を支える家族の気持ちについてつづってきましたがいかがでしたでしょうか。

トトロは10数年生活相談員という業務を担当し、利用者宅に訪問に行っていました。
当然利用者の家族の方と接する機会が多いのですが、そこからわかったことは介護サービスを利用したいのはやまやまだが、うちの恥を外部に漏らすことはできない、だから利用しない。
という事が見えてきました。

特に、身内(家族)に認知症の人がいる、徘徊もする。お隣さんに迷惑をかける・・・・
このことを外部に漏らすわけにはいかない

という事が見えてきました。
利用者の家族というのは決して初対面の人には本音は話しません。
徐々に打ち解けて「この人だっから大丈夫かな」と思うようになったら「実は・・・・」という事で
話すようになるのです。

これはトトロが専門門職として感じたことです。

前回、家族のイライラが頂点を超えて高齢者虐待につながることをお話ししたと思います。
なぜ起こるかというと、恥を誰にも話したくない!と言って腹の中にストレス、うっぷんをためているからなのです。

トトロは現在専門職として働いている方向けに研修を提供していますが、必ずに入業務に入る前に利用者の家族に対してきずかいの言葉をかけてあげてくださいね、それが私たちの仕事の一つなのですよと伝えています。

この続きはまた次回に譲りたいと思います。


もしよければトトロの仕事部屋によってくださいね。

トトロの仕事部屋はこちら

セミナー・・研修会開催情報はこちら

2018.08.17 11:39|介護 福祉
みなさんこんにちは。
久しぶりの投稿です。読んでくださっている方には申し訳ございません。
それにしても暑いですねェ~ 今年は本当に異常です。
皆さんも注意してくださいね。

さて本題に入っていきたいと思います。
前回は認知症を支える家族の思いについて投稿してきましたがいかがでしたでしょうか

前回の続きになりますが認知症を支えている家族というのは図りりしえないストレスを抱えているのです。

特に、認知症の中期というのは暴言や妄想、徘徊があります。
これらの症状は周りの人のある接し方でよくとも悪くともなると言われています。

皆さんも聞くことがとあると思います。
・同じ目線で話しなさい。
・利用者の話を最後まで聞きなさい。
・・・・・・

しかし実際はどうでしょう。
とてもではないがそんなことはできるはずもないのです。
この怒りがだれに行くのか、そう、高齢者にいくのです。

ここで実際に利用者を見ている家族と利用者に直接タッチしていない第三者(兄弟、姉妹など)に温度差が発生してくるのです。

トトロも利用者仕事上利用者と接してきました。、しかし家族はトトロと違って24時間365日接しているわけです。
虐待が生まれる一番の原因はここにあるのではないでしょうか。
専門職と家族の間で温度差が生じてもしかたない・・・・そう思います。

しかし、家族の愚痴をしっかり吐き出させることが結局は家族に心の余裕を持つようになり、虐待、最悪介護殺人などが起こる確率はぐっと減ってくるのではないでしょうか。

家族は誰かに愚痴を聞いてもらいたい!この一言に尽きるでしょう。

トトロの仕事部屋はこちらです。よろしければ遊びに来てくださいね。

【トトロの仕事部屋】
パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら

ブログの再開

2018.07.01 08:53|介護 福祉
1年ぶりの投稿です。
暑い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

1年間休止させていただきましたが、今回から再開したいと思っております。
再開を待っていただいている方には大変ご迷惑おかけいたしました。この場を借りてお詫び申し上げます。

前回は原則週1回の更新でしたが、トトロも業務が忙しくなり不定期に更新していくことになりますが、なにとぞご了承ください。

今後ともよろしくお願いします。

さて再開の第1弾は高齢者利用者を支える家族の気持ちについてしばらくは投稿していきたいと思います。

特に今の社会はできるだけ家で看取りなさい!という国の方針のもと、ますます家族に対するケア(支援)が求められています。
しかし、実際なkにはどうかというと、なおざりにされている、というのが私の第一印象です。

特に認知症の利用者を家族が支えている場合、身体的負担はもちろんですが、精神的な負担が半端ないのではないでしょうか。

認知症というのは初期の段階はいいのですが、中期になると徘徊や幻覚、妄想で家族は計り知れない精神的負担を強いられます。

徘徊があるから、外に出られない、誰かにこのわだかまりを吐きたいんだけど、吐く人がいない・・・・
それが積もり積もるとどうなるか、社会的弱者(つまり利用者)に当たってしまうのです。
この悪循環は誰でも起こりえます。

家族の気持ちは、トトロをはじめ専門職の立場ではわからないと思います。

この津拭きはまた次回に譲りたいと思います。



トトロの仕事部屋はこちらです。よろしければ遊びに来てくださいね。

【トトロの仕事部屋】
パソコンサイトはこちら
スマートフォンサイトはこちら
携帯サイトはこちら





ブログ一時休止のお知らせ

2017.06.25 10:57|介護 福祉
皆さん、おはようございます。

突然ですが、トトロの諸事情によりブログを一時休止させていただきます。
1年以内には再開したいと思いますのでその際はまたよろしくお願いいたします。

再開の際はこのページででお知らせします。

今まで見てくださった方には本当に申し訳ございません。
ご理解いただきますようお願いします。
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

プロフィール

トトロ氏

Author:トトロ氏
FC2ブログへようこそ!
1968年六月生まれ
倉敷市出身、現在は福岡市在住。
妻(あすか)と娘たち(猫二匹)と暮らしています。
高齢者福祉にたずさわって十六年になります。
福祉のことならおまかせください!

検索フォーム

RSSリンクの表示

トトロのブログ訪問者数

RSSリンクの表示

  • ページトップへ
  • ホームへ